Categories
日々の出来事

介護職員の体の負担

今は転勤された、竹原市の介護職の30代男性のお客様が来ておられたときのことです。

全身が辛くて、腕や足がしびれてその日はお仕事を休まれたそうです。
お話によると、夜勤の時は12~14時間の勤務だそうです。
その頃はインフルエンザも流行っていたため、職員の方の施設内での移動も制限され、他の職員さんにヘルプしていただくこともできないとか。

今はコロナ禍でもっと大変でしょうね。

腰痛、肩こり、背中の痛み

体はおっしゃる通り、全身神経と筋肉が「ピンッ」と張ったような状態でした。

特に背中は辛そうです。

これではいくら30代の働き盛りとは言え、身体の悲鳴が聞こえそうです。

腰痛、肩こり、背中の痛みと体中が痛みます。
全身を軽く弛めるより、上半身をしっかり緩めるほうが効果的と考え整体しました。
終わってからは楽になられたご様子で、笑顔も見られ、嬉しかったですね。
介護現場は慢性的な人で不足で、職員の皆様は大変な負荷だと報道でも聞きます。 保育の現場も同様とか。

人生の始めと終わりの大切な時期をケアする貴重なお仕事に就いておられる皆さんの、わずかながらでも助けになれれば幸いに思います。

そのような皆さんにとって活用しやすいサービスの提供方法がないものかと模索しているところです。

Categories
コラム 日々の出来事

パティシエさんの肩痛

以前、東広島市内の洋菓子屋さんのパティシエさんが来ておられました。
日によって、腕が上がらないほど肩、腕が痛むとのこと。
右側だけです。 ギクッとなるとしばらく痛みが続くのだそうです。

肩の動きを見てみると明かにもう一方とは違い、スムーズに関節が回転していません。
まだお若いのですが、四十肩の治療(年齢には関係ありませんが)をすると、痛まない日がちょっとずつ増えていました。

順調に治療が進んでいると安心していた矢先の先週、「ギクッとは痛くないんですが、両方の腕が痛くて痛くて」と。
バレンタインデーの前はとても忙しく、チョコを扱う力仕事も多いとのことです。
もっと大変なのがホワイトデーの前だそうです。
関節の状態はそれほど悪くなっていないようでしたが、負担がそれに勝り、痛みが両方に出てしまったようです。

数年前、あるケーキ屋さんの前で妻が出てくるのを椅子に座って待っていた時、出てくる人がみんな笑顔であることに、感慨を覚えたのを思い出しました。
子どもはもちろんお父さんもお母さんもおっちゃんもおばちゃんも。
仏頂面でケーキ屋から出てくる人はまれですね。
いいお仕事だな~とこちらまで幸せな気分になりました。

でも、その陰には大きな労苦が隠されているんですね。

笑顔を運ぶ人にこそ笑顔でいていただきたい、そう思います。

Categories
日々の出来事

新人ママは左肩が辛い

当店にはよく出産後のお母さんが来られます。初めて出産を経験された新人ママさんも多いです。
皆さん、育児に奮闘しておられるご様子です。
多くの方が、左肩(利き腕ではない方)が痛いのだそうです。

いくらお若いとはいえ、辛いですね。

どうして左肩が痛いのかしら?

お話を伺うと、な~るほど。

日に日に重くなるお子さんを左手でしっかりと抱え、右手は家事のために忙しく働きます。

お子さんを守る責任と愛情は左肩に、家を管理する勤勉さは右腕に、ズシッとくるんですね。

ご苦労様です。

少しでも楽になられますように。

Categories
コラム 日々の出来事

繰り返す腰痛

ヘルニア持ちだから…

先週は「ヘルニア持ち」の腰痛のお客さんが何人か来られました。
手術をするまではないものの、医者からはヘルニアと言われ、神経ブロック注射を繰り返している方もおられます。
一時は楽になっても、身体への負荷や生活習慣のために痛みが繰り返し出てきます。
でも、筋肉・神経・骨格・血行・栄養を整えることで痛みが出にくくなります。
長い目でしっかり取り組むと快調に過ごせますよ。

お尻のえくぼが痛い

繰り返す腰痛をお持ちの方の訴えで多いのが、「お尻の、へこんだ、えくぼの所が痛いんです。」というものです。

これは腰の骨が神経を圧迫しているために出ることが多い症状で、だんだん股の後ろ側からふくらはぎ辺りまで痛みが広がることもあります。

痺れが出始めるとそれもまた辛いですね。

セルフケアとメンテナンスが大切!

施術では、お腹、腰、骨盤、股関節を中心に調整します。

腰の圧迫が取れれば痛みは和らぎます。

日頃のセルフケアも大切ですね。腰椎への圧迫を軽減するストレッチやお腹を緩めるセルフケアも有効です。

地道で粘り強い取り組みがきっと実を結びますよ。

Categories
コラム 日々の出来事

最近の肩こり

ガチガチじゃないけど辛い

2年ぶりに来られた50代の女性のお客さんは、ひどい肩・首こりです。
小柄で痩せ型で、筋肉がガチガチというわけではありません。でも、頭痛が出るくらいとても辛い。検査してみると、筋や神経がピーンと張っている感じです。

最近の肩こりの傾向の一つですね。
最近は筋肉疲労というより、神経の緊張からのものが多いですね。
原因はいろいろだと思います。同じ姿勢が続いたり、睡眠の質、食習慣、ストレスなどけっこう複雑です。

その方も、スマホ、パソコンの使用が長時間になることがあるとのこと。睡眠の質にも悪影響を与え、寝てもスッキリしない。

悪循環ですね。

背中がガチガチ

睡眠に問題を抱えておられる方はたいてい背中がガチガチです。

この方もそうでした。圧を加えて緩めようとしても、板のような背中はなかなか緩みません。気持ちいいくらいの感覚を感じていただきながら繰り返していくと少しずつ緩んでいきます。


こうして整体で筋肉と神経を緩め、血行が改善されると楽になります。
施術前より、目がパチッ!とします。

今晩、ぐっすり眠れると思います。

Categories
コラム 日々の出来事

腰痛の施術で肩こりも楽に?

先週お越しになった、50代女性のお客さん。
ひどい肩こりです。いえ、全身ガチガチです。

この方、数年前に乳がんの手術をされ、それ以来肩・首・背中のこりはいっそう辛くなられたようです。
2週間に一回、時間を延長して全身を施術するのですが、前回、腰が気になるとおっしゃったので、腰もしっかり調整しました。


すると、先週、「腰をやってもらったら、肩の調子も良かった!」
とのこと。
一つの身体ですから、やっぱり繋がっているんですね。
不調を感じる所以外に原因があるのはよくあることですが。

不調を感じる箇所にフォーカスしつつ、本当の原因を探っていくよう努めたいですね。

私達ができる、エッセンシャルオイルの活用や、食事の改善など、いくつかの方法でアプローチして、健康の維持にお役立ていただきたいと思います。

Categories
日々の出来事

こたつでのうたた寝にご注意?-神経痛が!

先日、70歳くらいの女性のお客さんが

「こたつで20分くらいうたた寝したら脚が痛くなった」 と来られました。

とうとして、起きた時には腰が痛くなっていたそうです。
「これはしまった!」と思われたそうですが、次の日には片方の脚の外側が痛みます。

夜、寝返りをうつのも辛く、痛みで眠れないご様子。
当店の次の予約の日まで3日ほど我慢して来られました。

症状は神経痛のように見受けられます。

腰と、脚の整体をしました。
終わる頃にはかなり楽になられたようで、ベッドの上で姿勢を変える際にも痛みは出ないようです。
でも、まだ違和感は残っていました。

3日後の予約を入れて帰宅されました。

3日後、心配してお待ちしていましたら、軽快な足取り。

「いかがですか?」
「いやーあれから楽になったんですよ。おかげさまでその晩から爆睡です。」

ホッとしました。

この日も脚と腰の整体です。
前回と感じ方も変わり、体感はとても気持ちがいいとおっしゃいます。

次は3週間後のメンテナンスです。
働き者の兼業農家のお客様、ご無理をされませんように。