リウマチの膝痛、肘痛が改善!

50代、女性、保育士のお客様の感想

当院に来られる前はどんな症状で悩んでいましたか?

4月ころからの自粛生活により、パートに出られなくなり、活動量が減少しました。そのため、持病のリウマチが悪化し、左ヒザの腫れで正座ができなくなり、左ヒジの腫れで洗顔するにも顔に手が届かない状態でした。このまま薬や注射での対症療法ではなく、根本から改善したいと思いました。

当院を知ってすぐに来院しましたか?もしすぐでなかった場合、それはナゼですか?

リウマチで、もっと痛い状態を経験していたので、もう少し我慢しようと思った。ストレッチをしてみたが、痛くて全く無駄だった。

当院を選んでいただいた理由は何ですか?(何が決め手となって当院に来られましたか?)

ボキボキ痛いものは、恐怖心があり嫌でした。その場しのぎではなく根本からの改善を目指しているところにひかれました。
以前、石橋先生に施術していただき、ヒザが良くなった夫のすすめもありました。

当院で施術を受けられた感想はいかがですか? 他の院とのどんな違いを感じましたか?

腫れ上がっていたヒザ、ヒジが1回目の施術から少しずつ可動域が広がっていきました。3ヶ月前、おばあさんのように「痛い、痛い」と言うこともなくなり、笑顔で過ごしています。

長年リウマチに伴う痛みに悩まされておられました。内科的な要因が大きいので、施術でどこまで改善されるか、最初は確信が持てませんでしたが、膝・肘ともに可動域は驚くほど広がり、痛みもずいぶん軽減されました。辛抱強く取り組まれたので良い結果がえられました。わたしも勉強になりました。

肘痛の整体

今日来られた50代男性のお客様です。

肘がまっすぐに伸びず、伸ばそうとすると痛いです。

ぞうきんを絞るときに肘に強い痛みが走ります。

肘痛の原因は筋肉疲労の蓄積?

この方、週中は会社にお勤めで、週末は田んぼや畑の仕事だそうです。肘の痛みは2ヵ月くらい前からで、松の木の剪定と草刈りをした次の日に痛みが出始めました。特に今の時期、永遠に続くようにさえ思える草刈りは、腕、肘、脚、腰にこたえます。

「あの日」の剪定と草刈りが悪かったのでしょうか?

お話を伺うと、休日がほとんどとれない、週末には体に応える農作業、これの連続だそうです。それに、2年前に来られた時には首の右から肩にかけての痛みが強かったです。今回痛みが出ている肘も右側。利き腕は左だそうですが、右に痛みが出やすい歪みが潜在しているのでしょう。

こうして考えると、「あの日」の作業は筋肉疲労の蓄積に、最後の一撃を加えたのかもしれません。長期間、身体にため込んだ「痛みの素」が、実際の痛みとして出てきているのだと思います。

肘痛の整体施術

今日の治療は、首の右~肩~腕~肘~手首の一連の流れを意識しながら行いました。

痛みが出ていない、肩や上腕(二の腕)の筋肉と神経の緊張を緩めていきます。

上腕の神経の施術は若干の痛みを伴うことも多いので、最小限の力で、確実に神経を捕らえて伸ばすようにします。

けっこう細かい作業なので、自然と無口になります。

上腕の次は、肘~手首です。いよいよ本丸です。

ここもカチカチなので、肘関節の矯正と首の矯正を何度も加えながら緩めていきます。

これを、身体を仰向けにしてとうつ伏せにしてで、それぞれ行います。

時間にして約40分、黙々と整体して、その結果は…

肘が伸びる!痛くない!

肘や腕の動きと痛みを施術前と比較して確認していただくと…

「おっ!今は肘はスムーズに伸びます。痛みもありません!施術前と全然違います!」

おおっ!良かった! (内心、胸をなでおろします)

蓄積された筋肉と神経の緊張が原因でしょうから、数日すると痛みが戻ってくる可能性がありますが、今日のような施術を何度か行えば落ち着くと思います。

笑顔で来週の予約を入れてくださり、遅出のお仕事に行かれました。

肘痛や腱鞘炎にも整体は効果的ですね。