整体でしつこい肩こりと頭痛が軽減!!

しつこい肩こりと頭痛

約2か月前から40代半ばの介護福祉士の仕事をしておられる女性のお客様が来てくださっています。

お悩みは、しつこい肩こりと頭痛です。

お仕事がら肩、首に負担がかかるのだと思いますが、慢性的に首の後ろ側から肩、そして背中が痛いとのことです。

更に頭痛もひどく、1週間のうち4~5日鎮痛剤を飲まないと仕事できないほどでした。

整体やマッサージなどにも行かれましたが思ったような結果は得られなかったようです。

そこで、職場の同僚の紹介を受けてお越しくださいました。

1,2回の整体では ???

1回目:直後は楽になられましたが、二日と持ちませんでした。整体を受けておられるときの様子は、痛くないかと「構えて」おられるような印象で、すぐに「痛い、痛い」と言われます。

2回目(1週間後):施術後は楽になられました。頭痛の変化はあまりありませんでした。

この時点でお客様も「???」だったかもしれません。(優しい方なのではっきりとは言われませんが)

私も内心、「ちょっと手ごわいかも」。

それでも引き続き治療されました。

3回目以降の整体で変化

3回目(1週間後):首後ろと肩の稜線の痛みはかなり楽になっておられました。しかもその状態が6日くらい続きました。そして、頭痛がある日が少し減ってきたようです。しかし、肩甲骨内側の強い痛みはすぐに戻るようです。(悔しい!)

でも前進です。

4回目(1週間後):肩・首のこりや痛みはほぼ1週間なくなっていました。来店の前日の晩ころから痛みが出始めたようです。頭痛の鎮痛剤は1日だけ服用されました。この頃から、施術に対する敏感な反応はなくなりました。「強めの施術」でもリラックスして受けておられるので、整体の効果も倍増です。

この時点で、良好な状態が1週間しっかり続いたので、治療間隔を2週間に変更してみました。

5回目(2週間後):良好な状態が1週間余り続きました。

6回目(2週間後):良好な状態が1週間余り続きました。8日目頃から肩こりがひどく頭痛もありましたが一晩休むと回復するようになられました。頭痛がずーっとは続かないので鎮痛剤は1回だけ服用しました。

7回目(2週間後):2週間通じてほぼほぼ良好です。10日目頃に頭痛があったそうですが、軽い鎮痛剤を1回服用するだけで回復しました。肩の痛みはほぼ取れていますが、肩甲骨の内側の「奥の方にある」(お客様の表現)こりはまだ悪さをするそうです。それでも痛みの場所やこりを取るための力を加える方向がはっきりしたので次回の治療は更に進むものと期待しています。肩甲骨のこの部分、頭痛と深い関係があります。

自己治癒力の回復は徐々に

今回、最初4回は1週間に一回、その後は2週間に一回の治療ペースで順調に推移していると思います。

当初「2週間は鎮痛剤を飲まなくてもすむように」がお互いに目標にしたことでしたが、現時点で薬を飲む頻度は1/3になっています。(嬉しいですね!)

まだ痛みが出る日があるようですが、一晩休むと回復するようになりました。

これは、ご本人の自己治癒力が回復しつつあることの現れだと思います。

治療を始める前は一度頭痛が出始めると痛み止めを飲んでも数日それが続いたようですので、このことを考えると確実に体は変わってきています。

このお客様が最初の2回位であきらめてしまっていたら、結果は違っていたことでしょう。

辛抱して治療を受けられたので順調に回復することができています。

整体の治療はお客様との二人三脚ですね。

ありがとうございます。

腰痛持ちはココがこっている

(2018年6月28日作成)

50代の主婦のお客さんが来られました。以前は首や肩の整体に来てくださっていた方です。
呉市から東広島まで来てくださるんですから、ありがたいことです。

今回は腰痛のお悩みです。

こんな腰痛です

体形は細身。とてもスマートでいらっしゃいます。
夕方になると体の左側の腰から脚にかけてズ~ンと痛くなります。

「もう、骨盤外してやりたいくらい!」

そして、寝ている時には腰の左側を捻じるように寝返りをうつと腰から股関節、脚にかけて「痛っ!…たたた」。
股関節から鼠蹊部にかけても痛みます。

とても辛いようです。

1回目の整体

最初の施術では、痛みの箇所を探りながら、痛い個所を中心に施術します。

今回は痛みの箇所が広範囲なので、関係ありそうなところを一通りやりました。

特に股関節から左の腰の横(手を腰に当てた時自然に手がくるところ当たり)を丹念に。

施術後はちょっと楽になっていましたが、体をねじった時の痛みはあまり変わりませんでした。

2回目の整体

2回目の整体は1週間後です。

「この1週間、いかがでしたか?」

「夕方の腰から脚の痛みは少し楽になりました。でも、体を捻じった時の痛みは変わりません。」

変化があるのは明るい兆しです。

2回目の整体では、痛む側の骨盤のフチ(図のピンクのところ)のコリをしっかり落とすようにしました。

この方、細身ですが、この部分のコリはとても固く、しっかりついています。

腰痛もちの方のほとんどがここが固いです。

そしてコリが分厚いです。

指先の感覚ですが、厚みが1センチくらいあるように感じる方もおられます。

ここを、薄皮をはぐようにちょっとずつ、ちょっとずつ緩めていくんですが、これが結構時間がかかります。

お客さんもちょっと痛いかも。

このお客さんも頑張って受けてくださいました。

終わってから確認。

痛みは和らいでいます。

これで、大まかなターゲットは定まったので次回以降さらに絞り込んで精度を上げたいと思います。

2回目で方向性が定まるとは上出来、上出来。

でも、身体は変わるので油断はできませんが。

骨盤の上が固い人は腰痛に注意

今回のように、骨盤の上のフチが固い人は腰痛に要注意です。

骨盤の上を軽く押すと内側に指が沈みますか? ガチガチですか? パンッとした感じで張っていますか?

ここは柔らかい方がいいですね。

レインドロップは痛みにもイイ!

(2018年7月6日 作成)

今日は東広島市も大雨警報が出て、昨晩から強い雨が降り続いています。

そういう中、お客さんも外出を控えられるので、仕事はゆっくりのペースです。

この季節のせいか、妻も私も疲れが取れません。

妻は来週1週間セミナーに出席するのですが、その予習に追われて毎日頭から湯気が出るくらい机に向かっています。

集中して勉強したりパソコンに向かって事務仕事をするのって、予想以上に身体にきますね。

肩こり、それが腕の痛み、そして首に上がってくるとじきに頭痛デス。

座っている姿勢って、腰には大きな負担です。

それで当然腰痛も出ます。

妻は股関節が弱いので脚の痛みも。

肩こり、腰痛、自律神経とガタガタです。

私はというと、ここのところ毎日休憩取らないで連続で整体していたのでちょっと腰に来た感じです。アブナイ。

というわけで、今日の雨を「恵みの雨」とすべく午前中に夫婦でレインドロップのやりあいこです。

レインドロップでも腰痛が楽になります

妻も私も施術前は脚の長さが左右で違いました。

妻はほんのちょっとでしたが、私は数ミリ違います。

一般的には長い方に問題があると考えます(そうでない時もありますが)

確かに私は脚が長い左側の腰が痛いです。

レインドロップではまず足の裏に7種類のオイルを希釈せずに塗布します。

その種類と順番は決まっています。

この時点で脚の長さが調整されて揃う人も少なくありません。

さてさて…

妻はあまり変化を認められませんでしたが、私は半分くらい調整されていました。

オイルの力恐るべしです。

その後、うつ伏せになって、脊柱に沿って同じ7種類のオイルを塗布してトリートメント(マッサージ)します。

レインドロップは、妻がインストラクターでもあるので、私の先生です。

いろいろダメ出しをされながら終了。

妻の腰や股関節の痛みは慢性的で結構しつこいです。

レインドロップで3割くらい軽減といったところでしょうか。疲労感はスッキリです。

後は私の整体が受け持ちます。(後日ね)

私は、してもらってる時間の半分以上寝てました。

でも、「アブナイ」と感じていた腰の痛みは8割くらい和らいでいます。

別に腰をぐいぐい揉んだり骨の矯正をしたわけではないのに。

またまたオイルの力恐るべしです。

レインドロップだけでも腰痛が少し楽になるんですね。

もちろん、根本的に改善しようとするなら、整体をもうちょっと頻繁に受けるか、レインドロップを定期に受け、そこに周期的に整体を入れてメンテナンスする必要があるでしょう。

お客様には放置しないことをお勧めするのですが、自分の身体は後回しになりがちです。

これじゃいけないんですが。

追伸:この日の夕方は、もう眠くて眠くて仕方ありませんでした。
これはオイルが体に浸透することによって引き起こされる反応の一つです。(個人差があります。すべての人がこうなるわけではありません)
身体や自律神経が整いつつあるのを感じます。
東広島は大雨の特別警報が出るし、広島や京都のそれぞれの両親のことも心配だし。
でも、眠い…
この日はサッカーも見ずにさっさと寝ました。

翌朝、まだ疲労感はありますが、スッキリです。
1週間後くらいにもう一度できればいいですね。

もう肩こりは治らないとあきらめているあなたへ

筋肉・神経・骨格を正しく調整すれば、改善を目指せます!

こんな腰痛でお困りではありませんか?

  • 慢性の肩こりだから付き合っていくしかない。でも辛い
  • 病院で出された湿布では変化がない
  • 首の後、肩甲骨の周りが重だるい
  • 肩こりがひどいときには頭痛で辛い
  • 最近、肩を動かすとビリっと痛むようになった

病院やマッサージで改善しなかった肩こりも
当院におまかせください!
筋肉、骨格、神経、血行を調整するから長年の肩こりの解決を目指し、元気だった頃の活動を楽しめます。

当院で楽になった方の喜びの声

背中から肩、腕の痛みで始めてみてもらいました。市販の湿布を貼っても痛みは軽くならず、自分でもどこが悪いのかうまく説明できない症状だったのですが、丁寧にどこが悪いのか探し出して施術して下さいました。湿布の効果がないのも納得で、指先まであった痺れもほとんどなくなりました。またケアをお願いしたいと思います。口コミのとおり、雰囲気の良い部屋で品の良いトークなのでリラックスできますね。

仕事の関係もあってか、ずっと肩から首にかけてのこりに悩まされており、今までいろいろな整体,マッサージに通ったのすが、いまひとつ効果を実感できずにいました…。
そんな時ナチュラル・スマイルさんに出会い,初めて整体の効果を実感しました。
回らなくなっていた首も回るようになり,今まで,もみ返しにも悩まされていたのですが、それもなく,次の日から体が軽く楽に
仕事ができるようになりました!
もう何回か通わせていただいてるリピーターです*
また体がしんどくなる前に行かせていただきます(´▽`)  (2016/2 50代 女性)

あきらめかけていた肩こりが当院で良くなる理由

1.しっかりとお話しをうかがい、原因を探ります

肩こりの原因は様々です。筋肉の緊張、神経の緊張、ストレスなどです。痛みが出ている箇所と原因になっている箇所が必ずしも同じとは限りません。それで、痛みや辛さの原因をカウンセリングから探り、原因に合った施術を行います。

2.筋肉、神経、血行、骨格を総合的に整えます

筋肉の緊張からくる肩こりの場合、負担がかかっている場所を見つけ、その緊張を和らげます。神経の緊張が原因の肩こりの場合は、骨の周りの筋肉を緩めることと矯正を繰り返し、徐々に神経の圧迫を緩和していきます。ストレスから来る肩こりの場合は、自律神経の緊張を緩めることを意識した施術を行います。

3.その方の身体に合った施術を行います

原因は人によって様々ですし、年令や性別によって一度の施術で行えることにも違いがあります。お一人お一人に合った施術を行いますので、無理なく変化を期待することができます。

腰痛施術を受ける前によくある質問

Q:バキバキするような痛い施術をしますか?

そのような施術はいたしません。硬くなった筋肉や緊張した神経に力を加えて緩めたり伸ばしたりするので、多少の刺激がありますが、それは「痛気持ちいい」感覚です。施術の際に加える力はその時時のお客様の状態でコントロールしますし、施術中は感じていることを自由にお伝えいただき、その都度最適な施術を行います。お子様からご高齢の方まで安心心して受けていただける施術です。

Q:妊娠中でも受けることができますか?

基本的に問題ありません。ただし、妊娠中の施術は行えることに限界がありますので、根本的な解決は出産後になることをご理解ください。また、お越しになる前に母体とお腹のお子様の状態に問題がないことをご自身でご確認ください。

Q:むち打ちの経験がありますがよくなりますか?

事故から長期間経過していれば首の骨の周りの筋肉も固くなっているかもしれません。時間はかかるかもしれませんが改善は大いに期待できます。

Q:過去に手術した経験がありますが、施術を受けることができますか?

手術の内容にもよりますが、基本的に可能です。施術前のカウンセリングの際にお話しください。過去の手術と現時点での状態に合わせて施術していきます。

Q:どのくらい通えば楽になりますか?

お客様のお身体の状態や生活習慣によって様々です。すぐに楽になられる方もありますし、その後また辛くなることをしばらく繰り返す方もあります。生活習慣を改善することで早く楽な日を増やしていくことができます。いずれにせよ、最初の施術の後、その時点での見通しをお話させていただきます。

最後に院長から

肩こりは体の悩みの中で最も多いものの一つです。その一方で決め手となる解決策を見つけることができていない方が多いのも事実です。放置しておくと、目や耳の不調や頭痛に悩まされることも少なくありません。いつの間にか腕が上がらなくなったと言われる方も多いです。肩周りが辛いと、頭部に近いだけに生活の質に深刻な影響を及ぼし、毎日の気分もどんよりしますね。たかが肩こりとあなどらず、どうせ肩こりとあきらめず、一緒に解決に向けて取り組み、晴れ晴れとした毎日を取り戻しましょう。

もう腰痛は治らないとあきらめているあなたへ

歪みを正しく調整すれば、改善を目指せます!

こんな腰痛でお困りではありませんか?

  • 腰痛は病院でも治らない。あきらめている。でも辛い
  • レントゲンを撮っても異常はないが痛みが消えない
  • ぎっくり腰を繰り返していて、次はいつかと不安
  • 腰痛で仕事や家事に支障が出ている
  • ヘルニアが再発していると、再手術を勧められた
  • 脚やお尻にも痛みやシビレがある
  • 歩くとすぐに足腰が痛くなるので旅行や買い物が不安

病院やマッサージで改善しなかった腰痛も
当院におまかせください!
筋肉、骨格、神経、血行を調整するから長年の腰痛の解決を目指し、元気だった頃の活動を楽しめます。

当院で楽になった方の喜びの声

腰痛がひどく病院やマッサージに行っていました。その時は良くなるのですが、仕事中はコルセットなしでは、痛みもひどくなり外す事ができませでした。
そこでクチコミの良かった整体でも行くかと軽い気持ちでお世話になりました。
終わって腰が軽くなった感じですごく良かった。今では、仕事中は、コルセットなしでも、以前のような痛みも無くてホントに良かったと思っています。また、料金もこれでって思うぐらい良心的で、感謝しています。ありがとうございました。

出産後もなかなか腰などの痛みが取れず
以前からお世話になっていたので、通うようになりました。
通ううちに、痛みはなくなり子育てがかなり楽になりました。
どうして痛みが出るのか質問すると、分かりやすく説明してくれ、なるほど〜!!と知ることが出来ました。
とてもアットホームで子どもを連れて通うこともあります。
施術後は、身体がスッキリします。(30代女性)

あきらめかけていた腰痛が当院で良くなる理由

1.丁寧なカウンセリングで原因を探ります

痛みの原因は意外な所に潜んでいることがしばしばです。そして長年の歪みの蓄積がある日突然痛みとなって襲ってきます。その原因を探るうえで、普段の生活習慣、食習慣、体への負担、これまでの痛みの履歴などがわかれば好都合です。痛みの種類、程度、頻度なども大切な情報です。これらを、お客様の許される範囲でうかがい、施術を行いますので、より的確に原因にアプローチすることができます。

2.筋肉、神経、血行、骨格を総合的に整えます

よく、『骨がずれているからですか?』と尋ねられます。たしかに骨格の歪みは痛みを生じさせますが、原因はこれだけではありません。周囲の筋肉も固くなり、神経は圧迫を受け緊張が続いています。血行も悪くなっています。当院の施術ではそれらを総合的に調整するので、楽な時間が確実に長くなっていきます。

3.その方の身体に合った施術を行います

年齢、性別、体格、性格などによって、身体が受け入れる事ができる施術の程度は異なります。無理な施術を行っても逆効果です。当院ではご本人の身体が受け入れることができる最善の施術を行います。心身ともにリラックス、安心して受けていただけるので、身体もそれに応えて着実に変わっていきます。

腰痛施術を受ける前によくある質問

Q:バキバキするような痛い施術をしますか?

そのような施術はいたしません。硬くなった筋肉や緊張した神経に力を加えて緩めたり伸ばしたりするので、多少の刺激がありますが、それは「痛気持ちいい」感覚です。施術の際に加える力はその時時のお客様の状態でコントロールしますし、施術中は感じていることを自由にお伝えいただき、その都度最適な施術を行います。お子様からご高齢の方まで安心心して受けていただける施術です。

Q:妊娠中でも受けることができますか?

基本的に問題ありません。ただし、妊娠中の施術は行えることに限界がありますので、根本的な解決は出産後になることをご理解ください。また、お越しになる前に母体とお腹のお子様の状態に問題がないことをご自身でご確認ください。

Q:病院で手術を勧められていますが、それでも大丈夫ですか?

手術を勧められた方が当院にお越しになり、よくなられた例がたくさんございます。全てに対応できるわけではありませんが、一度ご相談くださいませ。

Q:過去に手術した経験がありますが、施術を受けることができますか?

手術の内容にもよりますが、基本的に可能です。施術前のカウンセリングの際にお話しください。過去の手術と現時点での状態に合わせて施術していきます。

Q:どのくらい通えば楽になりますか?

お客様のお身体の状態によって様々です。急性の軽い腰痛ですと2,3回ですっかり良くなる方もおられますし、慢性の重度の腰痛やしびれが出ている場合だと10回以上かかることもあります。いずれにせよ、最初の施術の後、その時点での見通しをお話させていただきます。

最後に院長から

腰痛は日本で最も多くの方が悩まれる症状の一つです。その一方で多くの方があきらめたり放置したりしているのも事実です。また、行われている腰痛治療は対症療法、その場しのぎのものが多い印象があります。
当院では、腰痛の痛みを少しでも軽くし、生活の質をアップさせることでしたいと思っていてもできなかったことにチャレンジしたり、痛みゆえに抱えてきたストレスから開放されるお手伝いをしたいと思っています。
残念ながら、全ての腰痛を治すことはできませんし、1回でスッキリ治せるわけでもありません。しかし、あきらめずに真摯にあなたの腰痛を良くしていくために全力を尽くします。辛い腰痛、一緒に良くしていきましょう。

頭痛には腕の整体が効果的

(2018/7/18のできごとです)

今日も東広島は朝から猛暑。暑~い一日でした。

午前中妻は外出し、かなりの熱が体に蓄積している模様。昨日からの疲れが取れず、お昼には「頭、痛~い」と頭痛を訴えます。

そういえば起床したときも首の後ろが辛そうでした。午後からも外出の予定が合ったので、「大丈夫かな~」と心配です。

そこで、30分だけパパっと整体です。

メインは「腕」

腕が緩むと頭痛が楽になる

1週間ほど前、こんなことがありました。

妻は体力がない方なので、疲労が溜まるとすぐに調子を崩します。肩、首、腕はすぐにこり、頭痛が出てきます。自律神経のバランスも崩れます。

その日の朝4時頃、あまりに辛くて目が覚め、しんどそうにしているので、私も目が覚めます。でも、この時間からしかも起き抜けに整体するのはこちらとしても少々辛い。

そこで、寝床で鎖骨の下と腕だけを優しく、優しく、何度か緩めました。

時間にして15分くらいだったでしょうか。

そうすると眠い目をこすりながら整体している私をしり目にスヤスヤと寝息が…。

翌朝の目覚めもよく、頭痛も楽になっていました。

頭痛の整体には必ず腕の施術が含まれます

それで、今日は時間も限られているので、首、肩の整体をちゃっちゃとやった後、腕を丁寧に。後半10分ほどで背中側の肩甲骨周りと背骨を緩めました。もう少ししたかったのですが、ここで30分整体のタイムリミットです。

その後外出して用事を済ませて帰宅した妻は

「あ~、おかげで動けた~。頭も痛くないし、元気だったよ!」

良かった、良かった。

なぜ、腕の整体で頭痛が軽くなるのでしょうか?

腕が張ってくると、当然腕や肩の血行が悪くなります。

そして腕のこりは肩周りの筋肉を引張り、それはやがて首へと。

そして頭痛に。

筋肉は、腕ー肩ー背中ー首ー頭とつながっていますもんね。

もちろん、頭痛の原因は様々ですので他の要因が関係している場合はこの限りではありません。 

参考まで。

肘痛の整体

今日来られた50代男性のお客様です。

肘がまっすぐに伸びず、伸ばそうとすると痛いです。

ぞうきんを絞るときに肘に強い痛みが走ります。

肘痛の原因は筋肉疲労の蓄積?

この方、週中は会社にお勤めで、週末は田んぼや畑の仕事だそうです。肘の痛みは2ヵ月くらい前からで、松の木の剪定と草刈りをした次の日に痛みが出始めました。特に今の時期、永遠に続くようにさえ思える草刈りは、腕、肘、脚、腰にこたえます。

「あの日」の剪定と草刈りが悪かったのでしょうか?

お話を伺うと、休日がほとんどとれない、週末には体に応える農作業、これの連続だそうです。それに、2年前に来られた時には首の右から肩にかけての痛みが強かったです。今回痛みが出ている肘も右側。利き腕は左だそうですが、右に痛みが出やすい歪みが潜在しているのでしょう。

こうして考えると、「あの日」の作業は筋肉疲労の蓄積に、最後の一撃を加えたのかもしれません。長期間、身体にため込んだ「痛みの素」が、実際の痛みとして出てきているのだと思います。

肘痛の整体施術

今日の治療は、首の右~肩~腕~肘~手首の一連の流れを意識しながら行いました。

痛みが出ていない、肩や上腕(二の腕)の筋肉と神経の緊張を緩めていきます。

上腕の神経の施術は若干の痛みを伴うことも多いので、最小限の力で、確実に神経を捕らえて伸ばすようにします。

けっこう細かい作業なので、自然と無口になります。

上腕の次は、肘~手首です。いよいよ本丸です。

ここもカチカチなので、肘関節の矯正と首の矯正を何度も加えながら緩めていきます。

これを、身体を仰向けにしてとうつ伏せにしてで、それぞれ行います。

時間にして約40分、黙々と整体して、その結果は…

肘が伸びる!痛くない!

肘や腕の動きと痛みを施術前と比較して確認していただくと…

「おっ!今は肘はスムーズに伸びます。痛みもありません!施術前と全然違います!」

おおっ!良かった! (内心、胸をなでおろします)

蓄積された筋肉と神経の緊張が原因でしょうから、数日すると痛みが戻ってくる可能性がありますが、今日のような施術を何度か行えば落ち着くと思います。

笑顔で来週の予約を入れてくださり、遅出のお仕事に行かれました。

肘痛や腱鞘炎にも整体は効果的ですね。

夜尿症(おねしょ)を整体とアロマセラピーで改善-その3

引き続き、夜尿症(おねしょ)の治療についての経過をお知らせします。(夜尿症を整体とアロマセラピーで改善-その1 その2)

夜尿症-治療と経過(2ヶ月)

失敗しない日が少しずつ増えていきました。休日など普段の生活からリズムが大きく崩れると失敗してしまうようです。
でも、この頃には5日くらいは失敗せずに過ごせるようになっていました。
5勝2敗です。上出来です。
しかし、失敗しなかった日も、尿意を感じて自分で起きてトイレに行った場合、朝まで起きずにもった場合、お母さんが起こしてトイレに行って失敗しなかった場合といろいろでしたので機能が安定するまでにはもう少しかかるように思いました。

夜尿症-治療と経過(3ヶ月)

治療を始めてもう少しで3ヶ月が経ちます。先々週その子が治療の終わり頃に

「先生、私、今週全然おもらししなかったよ!」と言いました。

とうとう7勝0敗です!

そして、現在連勝記録を更新し、前回の治療の時点で14勝0敗です!

マー君並みです。ヤンキースに行けます!

お母さんにうかがうと、まだ「おねしょパンツ」は履いているとのこと。履かないで寝るのは本人がまだ不安なようなので、自主的に履かなくなるまでもうしばらくこのままで様子を見たいとのことでした。まだ治療途上ですが、きっとおねしょパンツが取れるのも遠い先のことではないと思います。

夜尿症-治療を通して思ったこと

これまでの3ヶ月ほどの治療を通して考えたことが幾つかあります。

一つは、お母さんの真剣さと粘り強さ、そしてお子さんへのバランスのとれた接し方に励まされたことです。

来院された当初からお子さんにはおおらかに接しておられましたが、内心はきっとご心配だったこととお察しします。しかし、それを表に出さずに冷静に接しておられることにわたしも励まされました。また、なかなか成果が表れないとしても、少しでも良かった点に目を留めて、前向きにそして粘り強く、ご多忙な中を治療にお子さんを連れて来られる姿にも勇気づけられました。

また、整体とアロマセラピーの持つ可能性にも改めて認識が深まりました。全てのケースで今回のような結果が現れるとは限りませんが、できることを続けていると、その人の体が持つ可能性を引き出し、改善に向かうお手伝いができるのだと感じました。

そして、何よりも私たち施術者はお客さんから勇気や励ましをいただいていることに感謝しました。素直に治療に通っている本人やあきらめずに取り組まれた親御さんたちに改めて感謝です。

こうした経験をこれからも多く積んで行けるよう努力したいと感じました。

夜尿症(おねしょ)を整体とアロマセラピーで改善-その2

夜尿症(おねしょ)の治療について前回に続いてご報告します。(夜尿症を整体とアロマセラピーで改善-その1)

夜尿症-治療と経過(1ヶ月)

1ヶ月を過ぎた頃、ラベンダーオイルで毎日寝る前に背中をマッサージしてあげることをご提案しました。当院で提供しているオイルは直接肌につけることができるほど高品質のものなので、お子さんにも安心してお使いいただけます。
マッサージの方法をお伝えしたところ、すぐに始められました。整体の施術は引き続き行っていきました。来院の頻度は1週間に1回です。

このころから、失敗しない日が少しずつ出てき始めました。
治療しているとその子が

「先生、今週は2日、おもらししなかったよ!」

と嬉しそうに言ってくれたときには、私もとても嬉しかったのを覚えています。
正直なところ、変化の現れない状況に多少のもどかしさもありましたので、初めてこの報告を聞いたときは、内心グッとくるものがあり、飛び上がりたくなるのを抑えながらも、思わず「よかったね~ よく頑張ったね。きっと大丈夫!」と頭を撫でていました。
希望の光が見えたような瞬間です。勝率は2勝5敗です。連敗脱出です。
このころには本人も私や治療に慣れ、楽しくおしゃべりしながらの40分余りです。
時には私が算数の問題を出し、時にはしりとりをし、時にはその子がクイズを出してくれたりと、楽しい時間です。

次回は治療2ヶ月の経過をお知らせいたします。

夜尿症(おねしょ)を整体とアロマセラピーで改善-その1

最近、夜尿症の女の子を治療させていただいています。現在、治療を始めてもう少しで3ヶ月が経ちます。その経過を何回かに分けてご紹介させていただきます。

来院時の症状

患者さんは、8歳の女のお子さんです。とても明るく、よく話してくださいます。初めてお母さんと一緒に来られた時はほぼ毎日、失敗してしまうという状況でした。
一般的には、1週間に1回以上のおねしょが続いていれば「夜尿症がある」とみなされるようです。そして、5歳で15~20%、10歳で5~10%に夜尿症があるという統計があります。こうしたことを考えると親御さんが心配されるのも無理もないことです。
本人は、体力はあまりない方で、運動能力もクラスの中では少し下の方だとのことでしたが、学校の先生はそれをとりたてて深刻には考えておられないとのことでした。

恥ずかしながら、何を隠そう私も小学生のころはまだ失敗していた記憶があります。
キャンプや旅行など、楽しいはずの行事のたびに多少の不安と緊張を感じていたのを覚えていますので、本人やお母さんのお気持ちも察せられ、なんとか力になれればと思い、整体学院の学院長や師範のにアドバイスをいただき、取り組み始めました。

夜尿症の原因として考えたこと

既に病院で診察を受けておられ、特に関係する器官に異常は見られないので特別な治療は受けておられず、様子を見ましょうとのことだったようです。
整体医学の見地からは、

膀胱と脳をつなぐ神経の経路のどこかに異常があるのでは

と考えました。

また、就寝時にリラックスして眠れるようにする

ことも助けになると考えました。

夜尿症-治療と経過(初期)

整体の治療は主に腰から下の筋肉、骨格、神経の調整を行いました。夜尿症特有の治療法というより、体全体のバランスを整えることを目的として治療に当たりました。その中で、膀胱につながる神経が通っている、脊柱の際、特に腰椎の際と仙骨の際・上面を丁寧に弛め、腰椎と骨盤の軽い矯正を繰り返しました。

この施術を始めて2回目くらいの時にはまだ毎日失敗していました。しかし、お母さんの話では、姿勢が良くなったことと、それまで練習していたコロなし自転車に乗れるようになったという変化があったとのことです。あまり周囲が焦ると本人にもストレスになるので、焦らず取り組みましょうとお話ししました。