整体は痛い?-その2

前の記事で、整体は必ずしも痛いものではありませんが、その人の状態や治療上必要な時には最小限の痛みを伴うこと、また、「効いている」時には、「痛気持ちい~」と感じることを記しました。

これらに加えて、体の状態が極度に悪い人(と言っても少なくないのですが)は、軽く押圧しただけでも痛みを感じます。

すぐに痛みが出るのはなぜ?

状態が悪いお客さんの体を始めて押す時は、全身が張っており、筋肉の表層部まで血行が悪く、「凝っている」ため、表皮近くの神経が興奮状態にあるために、かるーく押圧しただけでも痛みが走ります。

そのような方の体は、筋肉に弾力がなく、皮膚科の薄い層を弛めようとしても、皮膚に「しわ」がよらないほど張っているのです。

まるで、全身がバリアで覆われているかのようです。このような場合の施術はどのように行うのでしょうか。

まず体表の痛みを取る

このような場合、痛みをこらえながら押圧を受けていただいても、筋肉の防御反応が働き、筋肉も神経も緩むどころか固くなってしまいます。

それで、まず、表皮の神経の興奮を収める施術を行います。これに大きな痛みは伴いません。

そして表層を弛めます。

また神経の興奮を収めます。

そして次の層を弛めます。

この「薄皮をはがす」ような施術を繰り返すうち、体表は弛み、しわが寄るようになり、その下の層を弛める準備が整います。

もちろん、すぐに深層筋肉までアプローチすることは難しいので段階的に治療していきます。

そうすると、何回かの施術で最初はとても触れなかった奥の患部を治療することができるようになります。

これらの過程で、多少の痛みがありますが、お客様とのコミュニケーションを取りつつ、慎重に行うので、着実で安心です。

整体は痛い?

整体は痛いですか?」と尋ねられることあります。

きっと皆さん、かすかな恐怖を感じておられるのではないでしょうか。
確かに、整体にはボキッ!、バキッ!といったイメージがあります。


「ぎっくり腰になった時に、○○の整体で思いっきりバキッとされて、めちゃくちゃ痛かったけど、歩いて帰られたよ」とか、

「おじいちゃんの先生が、お尻の骨を力いっぱい蹴っ飛ばして、それはもう目から火が出るかと思った」
などという噂を耳にすることがあるからです。

では、整体とはそれほど痛いものなのでしょうか?

痛みへの恐怖を覚悟して治療を受けなければいけないのでしょうか?
涙の向こうに初めて光が見えるのでしょうか?

整体はとても痛いものなのか

当店で施術する東洋整体蘇生術に関して言えば、とても痛いわけではありません。でも、少しは「痛い」かな。

整体の中には、リラクゼーションや癒しを主な目的とするものや、痛みや不調を「治療」することを目的とするものなど、その目指すところはいろいろです。
俗に言う「癒し系」の整体はそれほど痛くはないでしょう。

しかし、一時的に気持ち良くなっただけで、痛みの原因が軽減しているとは限りません。

一方、治療を目的とする施術でも過度の痛みはお客さんのストレスになるだけでなく、筋肉を反射的に硬直させて治療の効果を損ないます。

また、日本人の多くが、痛いければ痛いほど「効いている」と感じる傾向が強いので、必要以上に強く施術することもあるかもしれません。

東洋整体蘇生術は「治療系」整体です。

長年体の中に溜め込んだ「痛みの素」とも言えるコリや歪みを取ることで、痛みを軽減し体の機能を回復するのを助けます。
そして、体の悪いところほど、痛みを感じやすくなっています。


しかし、それを力任せに緩めようとしても体は抵抗するばかりで少しも弛まず、お客さんの苦痛は延々と続きます。
東洋整体蘇生術の技術のすばらしさは、痛みを伴う筋肉の防御反応を解除しつつ、深層にあるコリを弛める独特の押圧技術にあります。


それを感じるとき、お客さんは「痛いけど気持ちいい~」と感じます。

痛気持ちいい



体は正直に反応するので、「効いている痛さ」と「苦痛でしかない痛み」を感じ分けますが、東洋整体蘇生術の「痛み」は、体の奥のコリが溶けていくような感覚を伴う「痛気持ちいい」感覚です。

必要な痛み

「効いている痛み」でも治療に必要な痛みでも、「痛いものは痛いのです。

そして「痛いのはイヤです」とおっしゃる方も多いと思います。

ですから、施術の際にはお客様とのコミュニケーションを大切にします。
感じたことを何でも言っていただき、その方の許容範囲内で施術しますから安心です。

遠慮なく「痛い!」「イテッ!」とおっしゃってください。知らんふりはしません。

このように当店の施術は「ボキッ!バキッ!」の痛みはありません。

痛みの恐怖に怯えることも涙を流す必要もありません。

同時に、その場限りの気持ちよさでもありません。

長年の辛さが改善され、体が変化していくのをきっと体感していただけると思います。

整体はリラクゼーション?-その1

「リラクゼーション」という言葉をよく耳にします。整体治療院の看板にもこの言葉が書かれていることが少なくありません。

では、整体は「リラクゼーション」なのでしょうか?

リラクゼーションとは

リラクゼーション(relaxation)とは、リラックスすることで、休養や息抜き、気晴らしを指します。

また、心身をくつろいだ状態にする活動や行為も、リラクゼーションと呼ばれます。

人はリラックスしている状態だと、呼吸や脈拍はゆっくりとし、血行も良好ですし、筋肉も弛んでおり、ホルモンのバランスも安定しています。

考えただけでも、うっとりするような夢心地ですね。

一方、心身の緊張が続くと、これとは逆の状態に置かれます。
疲労や緊張、心理的に不安定な状態が続いていしまいます。

もちろん、一時の緊張が必要なこともありますが、それが長時間続くと体にも心にも悪影響が出ますね。

確かに、緊張社会の中で私たちには意識的にリラックスすることが必要だと思います。

では、整体はこのような意味での「リラクゼーション」に相当するのでしょうか?

整体は「リラクゼーション」か?

簡潔に表現すると、当店の整体はリラクゼーションではありません。

当店の整体は、単なる休息や息抜き、気晴らしではなく、身体の不調の原因となる歪みを取り除くための「治療系」整体です。

次回は、心身をできるだけ快調に保つには、なぜリラクゼーション以上のものが必要なのか?

また、整体ではリラックスできないのか? ということを考えたいと思います。

整体はリラクゼーション?-その2へ

整体はボキボキ?

どうやら整体には骨をボキボキさせるというイメージがあるようです。
みなさんもそんな不安がありますか?

ボキボキという整体のイメージ

時々、初めてのお客さんから、

「ボキボキするんですか?」

というご質問があります。

整体には、痛いというイメージと共に、この「ボキボキッ」というイメージもついて回るようです。あまり愉快な印象ではありませんね。

確かに、TVなどで再現される整体師の施術の場面では、首の骨や背骨を「ボキボキ」と鳴らせているところがあります。
以前見たある番組では、二人の整体師が音を鳴らせた回数(音が鳴った関節の数)を競い合っていました。
ああいうシーンを見たら、整体は骨を鳴らせるのが仕事、上手な整体師はたくさんボキボキ言わせることができる、と受け止められても仕方ないかもしれません。

なぜ関節がボキボキ鳴るのか

関節が鳴る原因には諸説ありますが、有力なものの一つは、関節の中に溜まっている気泡が動いて、骨が振動した時に出るもの、という説です。

血行が悪くなると関節内の気泡が大きくなり、違和感が生じます。そこに外からの力が加わると気泡が細かくなり動いて、音を出すというわけです。その際、まわりの筋肉にはストレッチに似た効果が生じるので、楽になった感じがしますが、それは一時的なものです。

いずれにせよ言えることは、ボキボキ鳴ったから関節のズレが正常に戻ったとか、たくさん鳴ったからそれだけずれていたというわけではないということです。

ですから、ボキボキさせるのは整体師の仕事だと考えていませんし、ましてたくさんならせるのが腕の見せ所だとも考えていません。

当店の整体ではボキボキしません

体に優しい矯正

当店の整体、東洋整体蘇生術で行なう骨格の矯正は、体に優しいものです。決して無理な矯正で骨の位置を正常にしようとはしません。

ですから、当店では、ボキボキしません。

ただし、既に書いた理由で、時々「ボキッ」と音がすることはあります。
しかし、それを治療の目標にもしていませんし効果の目安とも考えていません。

ですから、怖がらなくてもいいです。

整体の成果は一時的?~その4

前の記事 「整体の効果は一時的?~その3」

整体の効果が一時的と思える原因の一つは、実は自分自身とまわりの環境にあります。

どういうことでしょうか?

汲みだしても汲みだしても溜まっていく痛みの「素」

ゴムボートに乗っているところを想像してみてください。

何かの拍子に底にがあいて水が入ってきました。
あなたは一生懸命水を汲みだすでしょう。
でも、次第に穴が大きくなっていきます。
汲みだしても汲みだしても水かさは増えていきます。
汲み出す水の量が入り込んでくる水の量に追いつかないのです。
やがてボートは沈んでしまうかもしれません。

これと同じことがあなたの体に起こるとすれば、どんな治療、施術を受けてもその効果は一時的なものだと感じてしまうかもしれません。

生活習慣の乱れ、心身にかかるストレスの増加が舟艇に空いた「穴」です。

それが大きければ大きいほど、体に溜まる痛みの「素」は汲みだしても汲みだしても溜まっていく水のように、着実に激痛に向かって増えていきます。

それが限界を超えて溢れだすと、日常生活に大きな支障が出てしまうのです。

これでは、整体をしたって、他の何をてもその効果は確かに一時的なものでしょう。

あなたにできること

体は睡眠を取っているときに自己治癒力が働き、再生します。
筋肉も神経も睡眠時に修復します。

ですから生活習慣が乱れたり、ストレスのために睡眠の質が落ちると、肩コリや腰痛などの辛い症状も輪をかけてひどくなるでしょう。

また、不規則な食習慣や偏食は内臓を弱らせます。

新鮮な酸素や栄養が入ってこないので細胞は弱ります。

イライラが続くと、脈拍は速く、心臓に大きな負荷を加えます。

イライラは自律神経のバランスを破壊し、頭痛、耳鳴り、めまい、食欲不振などの不定愁訴の原因になります。

こうした「穴」を放っておいて施術を受けても効果は薄いものです。

では、あなたにできることは何でしょうか?
きっともう気づいておられることでしょう。

わたしたち施術者はあなたに代わって体を管理することはできません。
あなたの体の自己治癒力を向上させるサポートをすることしかできないのです。

あなたにしかできないことを、あなたが自分の体のためにするなら、整体の効果は決して一時的なものではありません。

きっと心身の変化に驚かれることでしょう。

当院は、食事の指導エッセンシャルオイルを取り入れたセルフケアにも力を入れています。

どうぞお気軽にご相談ください。


整体の成果は一時的?~その3

前の記事 整体の効果は一時的?~その2

整体の効果が一時的だと考えやすい別の原因は、その施術が「リラクゼーション」に偏っていて、痛みの原因となるものを取り除くだけの効果がないということがあります。

本当のコリは深いところに

痛みの原因の一つに筋肉のコリがあります。
疲労物質が溜まると、血流が悪くなり、筋肉は硬くなります。
それが神経や血管を締めつけ、痛みが生じる悪循環です。
実はこのコリ、けっこう深いところにあるんです。
いわゆる、筋肉の深層部です。

ですが、表層部にあるコリを取るだけでもある程度は楽になりますし、その際はとても気持ち良いもので、夢見心地です。
「あ~~、これで痛みから解放される」と期待は高まります。
でも、これだけでは自然治癒力はアップしませんし、すぐにまたコリます。
自宅に戻る途中で既に痛みが再燃し始めることも少なくありません。
これは、その施術が、深層部にあるコリを取ることまではできないためかもしれません。

その痛み、神経が絡んでない?

痛みの原因の別のものに、神経の状態があります。
筋肉のコリ、骨の歪みなどで圧迫された神経は興奮し、痛みを生じやすくなります。
痛みを軽くするためには、緊張した神経を弛める必要があります。
神経に直接アプローチする施術としては、鍼灸が真っ先に挙げられます。
これは、即効性の高い施術として高く評価されています。
しかし、神経と同時に筋肉や骨格、血行を調整できればさらに良いと思いませんか?
例えば、ちょっと調子が悪い自動車を修理に出すとします。
原因はエンジンなのか電気系統なのか、足周りなのか、素人にはわかりません。
では、エンジン専門の修理工場、電装屋さん、タイヤショップなどを順々に回るでしょうか?
それらすべてをきちんと見てくれる修理工場に持っていけば安心ですね。

神経は車で言うなら電気系統です。
東洋整体蘇生術は、筋肉、血行、骨格、そして神経にアプローチする施術です。
そしてそれらの歪みは相互に影響し合っています。
では、一度にそれらすべてを調整できれば、安心ですね。

リラクゼーションは必要。ではそれで十分?

リラクゼーションにはそれなりの価値があります。
至福のひと時を与えてくれます。
気分もとてもよく、明日への力が湧いてくるかもしれません。
リフレッシュできて、頭の中もリセットできるかもしれません。

でも、本当にそれだけでいいでしょうか?
自分の体が出しているSOSのシグナルに耳を傾けて、深いところにある痛みの「素」をやっつけたくありませんか?
それができれば、毎日の生活の質はグンと上がるのではないでしょうか?

整体の成果は一時的だからとあきらめているなら、その施術があなたの痛みの「素」、深層部にあるコリを取りきれるものだったのか、振り返るのはいかがでしょうか。

次回は、整体の効果が一時的と思える別の理由について考えます。

整体の成果は一時的?~その2

前の記事では、整体の効果が一時的と感じる原因の一つとして、
①症状が長年にわたるもので、かなりこじれている
ということについて書きました。

今回は、②効果はあるものの、治療を適度な頻度で続けないので、すぐに戻ってしまう
ということについて書いていきたいと思います。

整体後、調子は「良かったり、悪かったり」でも、良くなっています

施術の効果はアップダウンしながら、長期的に見ると上がっていきます。

アップダウンを繰り返しながら好転

最初の施術で、体が軽くなったのを感じます。
あ~、楽になった!と思います。
とても嬉しいですね。

これで、痛みから解放された、と安堵します。
しかし、これは体の治癒力が上がり始めていることの表れです。
施術は成功したと言ってもいいかもしれません。

しかし、体に蓄積された歪みの全てを取り除くことができているわけではありません。

わたしたちは一度の施術で取ることができるコリの「量」には限界があると考えています。

それは、人によって異なります。
ですから、楽になったと感じても、まだまだ体の中には痛みの「素」が溜まったままです。

その上、たいていのお客様は、通常の生活を続けておられますから、毎日のように心身のストレスにさらされ、疲労は絶えず蓄積していきます。

ですから、「あ~~楽になった」で、施術を受けるのをやめると、痛みの「素」はすぐに限界水位を超えて溢れだし、痛みとなります。

また、施術を受ける間隔が空きすぎると、前回の施術の効果がなくなってしまってからの施術になるので、いわば「ふりだし」に戻った施術になるので、何度も同じことを繰り返すことになってしまいます。

自己治癒力は上がって、下がって、また上がって、そしてまた下がって、…を繰り返し、結局現状維持にとどまっているというわけです。それどころか、日々の疲れやストレスのために、ダウンしていくこともあるでしょう。

少しずつタウン

こうなると、整体を受けてもいっこうに良くならない、効果は一時的だ、と感じてしまうでしょう。

整体の継続が大切

ですから、効果を一時的なものにしないためには、「継続」が必要です。

一時的な改善で安心せず、真剣に自分の体と向き合うことが必要ではないかと思います。

そうすると、きっと、良かったり、悪かったりを繰り返すかもしれませんが、ふと気がつくと、施術を受け始めた時よりずいぶん楽になっている、楽な日が多くなってきた、腕が上がるようになっている、よく眠れるようになっている、などその効果を感じることができるでしょう。

次回は、整体の効果が一時的と感じてしまう別の原因、
③施術が一時的な心地よさにとどまっている
ということについて書いていきます。

整体の効果は一時的?~その1

時々、マッサージや整体に行って、その時は気持ちよくて楽になったと思っても、すぐに元に戻ってしまった、というお話を伺います。
中には、施術中は「気持ちいい~」と思っていても、その帰り道ですでに痛みが戻ってしまったという方も少なくありません。
あなたも、こんな経験をなさったことがありますか?
では、整体の効果は一時的なものにすぎないのでしょうか?
根本的な原因を改善することはできないのでしょうか?

なぜ、一時的な効果しか得られないのか

では、なぜその時気持ち良いのに、一時的な効果しか得られないのでしょうか。
幾つかの原因があると思います。
例えば
①症状が長年にわたるもので、かなりこじれている
②効果はあるものの、治療を適度な頻度で続けないので、すぐに元に戻ってしまう
③施術が、一時的な心地よさにとどまり、体の深部にあるコリや歪みを取ることができていない
④生活習慣から加わる負荷やストレスが、治療の効果を上回るものなので、すぐに元に戻る
⑤効果は持続しているものの、残っている痛みが強いために、効果がなくなってしまったと感じる

では、一つづ取り上げて考えてみましょう

①整体の効果が一時的~症状が慢性的でかなりこじれているからかもしれません

長期にわたって辛い症状を抱えておられる方は、その症状だけでなく、それに耐えるためにも心身の力をかなり消費するので、体の歪みが広範囲にわたって、ひどくなっていることが考えられます。
それはちょうど、盆栽が針金や重石を使って形を作られていくことに似ているかもしれません。
環境や習慣などによって、体が「ねじ曲げられてしまっているのです。
形が出来上がった盆栽をまっすぐにすることはできませんね。
それと同じように、こじれた体の歪みを完全に元通りにすることは簡単ではありません。
極端な例ですと、変形した骨、骨折のあとの骨の付き方などです。
また、身に着いた体の傾向(姿勢や体質など)もこじれた歪みを取りにくくしています。

そのような場合、どんな良い治療を受けても、奇跡のように一度で症状がなくなることは期待できません。
長年たまったものを一度にゼロにすることの方がちょっと怖い気がします。
でも、そうできたらどんなに幸せだろうと、思うんですよね。
わたしもそうです。

では、希望はないのでしょうか?

あなたの自然治癒力がアップすれば、改善を期待できます

私どもがさせていただいている整体は、一時的なリラクゼーションではなく、あなたの自然治癒力をアップさせることを目的にしています。
筋肉、血行、骨格、神経の歪みが少しずつ取れていくにつれて、本来あなたの体が持っている自然治癒力が目を覚まし、アップしていきます。
そうすると、最初はすぐに元の悪い状態に戻っていたものが、一日持つようになり、二日、三日、一週間、二週間、一ヶ月と伸びていきます。
どれくらいまで伸びていくか、一年持つようになるか、一週間しか持たないかは、あなたの体によります。
これまでどんな盆栽ができあがっているか、ということです。

でも、どんな盆栽でも、生きています。
花を咲かせます。
人の目を楽しませます。

同じように体がかなりこじれているとしても、痛みを最小限に抑えて生き続けることができます。
毎日の生活で「花」を咲かせることもできます。
他の人の役に立ち、喜ばせることもできます。

わたしたちの整体はそのサポートをさせていただきます。

最初の内はすぐに元に戻ったように感じるかもしれません。
でも、体は着実に変わっていきます。
自然治癒力はアップしていきます。
そうして治療を続けていると、その変化を実感できるようになります。
でも、こじれているので、また痛みが出るかもしれません。
しかし、自然治癒力がアップしているので、それに対処することは以前より楽になっていることでしょう。

ですから、整体の効果は一時的ではありません。
着実にあなたの体に変化を生じさせます。
それを実感し、あなた自身がご自分の痛みを「管理する」という意識で健康と取り組まれるなら、毎日花を咲かせることができると思います。

次は、②効果はあるものの、治療を適度な頻度で続けないので、すぐに元に戻ってしまう
について書いてみたいと思います。

痛みの箇所は移動する

施術を重ねていくと、痛む箇所が変わっていく方が多いです。

「前回は首から肩にかけて痛かったんですけど、今日は肩甲骨の内側が痛いです」
「腰の痛みは楽になったんですが、お尻に違和感を感じるようになってきました」
といった具合です。

整体を受けると痛みの箇所が変わることを不思議に思われる方もおられるので、簡潔に触れておきます。

痛みの移動は良い変化の証拠

これは施術によって体が変化していることの現れで、順調に整体の効果が見られている証拠です。
多くの方が、痛む箇所が移動しながら全体に楽になっていかれます。
それは整体によって痛みの本当の原因が徐々に明らかになっていくからです。
また、最も歪んでいたところを調整すると、その次に歪んでいたところが痛みとなって出てくる、というとわかりやすいかも知れません。

いずれにせよ歪みの原因にその都度アプローチすることで、身体は着実に治癒力がアップし、楽になっていきます。

どうぞご安心ください。

整体はクセになる?

お客さんからこんな質問をいただきました。

「整体をするとクセになると聞いたのですが大丈夫でしょうか?」
初めてお聞きした質問だったのでちょっと戸惑いました。
どうやら、一度施術を受け始めると、辛くなれば行きたくなって、「クセに」なってしまわないか、ということのようです。

良くないクセ

よく、無意識のうちに指をポキポキ、首をボキッ、腰をバキッと鳴らしている人がいますね。
あれは確かに「クセになって」いるのかもしれません。
そうすることでちょっと楽になったような気がするので、せずにはいられないようです。
「つい、鳴らしちゃうんですよね。鳴らさない方がいいとわかってはいるんですが」とおっしゃいます。

整体はケアのための習慣

整体を受けることがそのようなものになることはありません。
当店に来られるお客様で、 「辛くて、次の予約が待ち遠しかった~」と言ってくださる方は少なくありませんが、
「いや~、つい来てしまうんですよね。来ない方がいいとわかってはいるんですが」とおっしゃる方はおられません。

それで、その方には
「生きている以上体は疲労や歪みが溜まっていくのは必然的で、普通の睡眠による自己治癒力が働いて回復すればこの上ないことです。
しかし、過労やストレス、栄養の偏りや環境の変化などのために、そうも行かないのが現実です。
それで、何らかのケアやメンテナンスは必要になってきます。
固くなった筋肉は緩めれば楽になるし、ゆがんだ骨格を放置しておくと痛みが出てきます。
ある人は、月に一度施術を受けることでバランスが取れて快調に生活できますが、別の人は週に一度ケアしないと辛くなってしまいます。
要は自分に合ったペースでメンテナンスしていけばある程度は快調に生活できるということで、それを『クセになる』といえばそうなのかもしれませんが、決して悪い『クセ』ではないと思います。
私たちは、健康を維持するための『習慣の一つ』と考えています。」

といったようなことをお話ししました。

もっとも、ある意味で「クセになる整体院」を目指していはいますが。