不安な腕の痛みやしびれ

昨日来られた女性のピアノ教師のお客様。

今年の夏くらいから肘から先に激痛を感じるようになり、そのうち上腕(二の腕)にも痛みが出るようになられました。
そのうち、腕から指先にまでしびれが出るようになりました。
大好きなピアノを自由に弾けなくなるのではと、とても不安になられたようです。
当然ですね。

鍼灸で肘から肩甲骨にかけて治療してもらい、少しは楽になられたようですが、スッキリしないので市内の整形外科を受診。

手首、肘、肩、首のレントゲン写真を撮り、担当医によると「100%頸椎の変形によるものです。」とのこと。

しかし、治療についての指示や提案はなく、

「年齢によるものなので仕方ありませんね。」と言われたそうです。

落胆されて何か少しでもできることがないかと、当店に目を留めていただいてお越しになられました。

 

上半身各部の動きをチェックすると、悪い方の肩は明らかに可動域が狭く、四十肩・五十肩の一歩手前の感じです。

首はよく動きますが、骨の変形と思われる様態です。

ですから、痛みやしびれの原因は、首だけでもなく、腕や肩だけでもなく、首~肩~腕~手の一連のつながりの中にあるように思われます。

そこで、首周りから、肩関節、腕の神経調整、肘・手首の関節の矯正など、一通り施術させていただきました。

施術後はずいぶん楽になられたようです。

でも、日に5時間ぶっ通しで演奏されることもあるようで、肩や腕への負荷は相当なものと思います。

その上、整形外科の先生が言われたように、年齢による変形、治癒力の低下は否めませんので、ご自分に合ったセルフケアを取り入れながら治療を続けていかれるようご提案しました。

 

整体の施術で、変形した骨が元通りになることは期待できませんが、骨格の歪みを調整することは見込めます。

歪みが少しでも調整されると、神経や筋肉への圧迫、負担が軽くなるので痛みやしびれは軽減されます。

「もう歳だから」といってあきらめる必要はないと思います。

できることはきっとあると思います。