短い秋が過ぎ、急に冬になったようです。今日の西条は最低気温が4℃だとか。
今年は例年よりも早くインフルエンザやノロウィルス感染が流行すると予想されています。
身体の準備ができていないうちに冬になる感じなので、免疫は低下しがちです。

そこで、私たちが習慣にしている、日常的にできるアロマを使った簡単な風邪、ウィルス対策をご紹介します。

レモンオイル、ティーツリーオイルで細菌の侵入をシャットアウト

予防の基本は、手洗い、うがい、マスクです。

私たちは、外出から帰るとレモンオイルを数滴たらした水でうがいしています。
レモンオイルには、殺菌効果があるので、細菌をシャットアウトするのに効果的です。
もちろんうがいした水は吐き出しますが、2,3回うがいした後、残った水はごくごく飲むと良いですね。
香りもさわやかですし、気持ちいいですよ。

また、レモンオイルかティーツリーオイルをマスクに1滴落として口と鼻を保護するのも効果的です。

 

危ない!と思ったらすぐにヤングシーブス、ティーツリー

気をつけていても、疲れが溜まったり、人ごみの中に出たりすると、のどに痛みを感じたり、体ががるくなったりして、「危ない!」と感じることがあります。
そんな時、早めに休息をとって抵抗力を高めることは必須ですが、

ヤングシーブス というヤングリビング社のブレンドオイルか、ティーツリーオイルが効果的だと実感しています。

・スプーンに蜂蜜を取り、ヤングシーブスを2~3滴落として舐めます。
・ティーツリーをコップ1杯の水に2~3滴落として1日数回飲みます。

ヤングシーブスは、除菌効果抜群と言われる伝説のブレンドです。ブレンドされているオイルの種類は、
クローブ、レモン、シナモンバーク、ユーカリラディアータ、ローズマリーです。
香りはスパイシーで爽やか。

15世紀のヨーロッパで疫病が流行した中、これらのエッセンシャルオイルを体中に塗ることで、元気に盗みを働いていたという4人の泥棒の記録が残されており、そこから再現された、”実証済み”のブレンドです。

私たちにとってはこれからの季節に常備しているオイルの1本です。