おはようございます。

今日から、店長の独り言をとりとめもなく綴っていきます。
ある時点で何らかのまとまりや結論のようなものが出ることはあまり期待していませんが、自分の考えを整理するために書いてみようと思い立ちました。

今日はいきなり大きなテーマです。

どうして整体やアロマセラピー?

心身の不調を抱えた時、私はこれまでいくつかの対応策をとってきました。
しばらく様子を見る→治まることもあります。
↓ ダメなとき
自分でできることを書籍やインターネットで情報を探し、試す→効果が出ることもありました。
↓ ダメなとき
あきらめて病院に行く→病名がつき、治療・手術を受け回復。
↓ 原因不明、治療に効果なしの場合もありました。
他の治療法を探し、試す(健康食品、代替医療、民間療法など)
この中に、整体やアロマセラピーが含まれていました。

もちろん、人によってはすぐに病院に行かれる方も多いと思います。
いずれにせよ、病院の治療では期待する効果を感じない場合に、整体を受けたりアロマセラピーを試したりしたと思います。
それが、今の仕事を始める動機の一つにもなりました。

このことを考えると、今来てくださっているお客さんも、これまでどうにもならなかった痛みやつらい症状をなんとかしたいと思って来店くださることを忘れないようにしたいと思います。

健康保険の適用

残念ながら、整体にもアロマセラピーにも国の健康保険の適用はありません。
鍼灸治療、接骨院など、国家資格として認められている施術の場合はそれが認められます。
整体もアロマセラピーも、法的には「医療類似行為」として分類されており、業種としては、医療関係ではなく、サービス業です。
ですから、治療には病院に行くよりも費用がかかります。
そこで、「ちょっと待てよ」となります。私がそうでした。
費用だけでなく、「そこ、大丈夫?」「信頼できるの?」という不安が、病院を選ぶときよりも大きいですね。

しかし、原因不明、書状の変化は経験できず、あきらめていたところに、少しずつでも改善を実感できる方法を見いだしたので、助かりました。
確かにある程度の費用はかかりましたが、毎日の生活を少しでも楽に送ることができ、ストレスを軽減できると思うと、べらぼうに高いわけではありません。
良いコンディションで家族や社会の中での責任を果たすための自分への投資、メンテナンス費用と考えてきました。

お越しになるお客さんもそんな気持ちできてくださっているのだろうと思うと、責任を感じます。

結果が出る治療を目指し、今の医療がカバーできない分野に私たちの存在意義を見いだしたいと思います。

なんだか、ちょっと堅苦しくなりました。次はもう少しリラックスしていきましょう。