50代の主婦のお客さんが来られました。

以前は首や肩の整体に来てくださっていた方です。

呉市から東広島まで来てくださるんですから、ありがたいことです。

今回は腰痛のお悩みです。

こんな腰痛です

体形は細身。とてもスマートでいらっしゃいます。

夕方になると体の左側の腰から脚にかけてズ~ンと痛くなります。

「もう、骨盤外してやりたいくらい!」と。

そして、寝ている時には腰の左側を捻じるように寝返りをうつと腰から股関節、脚にかけて「痛っ!…たたた」。

股関節から鼠蹊部にかけても痛みます。

とても辛いようです。

1回目の整体

最初の施術では、痛みの箇所を探りながら、痛い個所を中心に施術します。

今回は痛みの箇所が広範囲なので、関係ありそうなところを一通りやりました。

特に股関節から左の腰の横(手を腰に当てた時自然に手がくるところ当たり)を丹念に。

施術後はちょっと楽になっていましたが、体をねじった時の痛みはあまり変わりませんでした。

2回目の整体

2回目の整体は1週間後です。

「この1週間、いかがでしたか?」

「夕方の腰から脚の痛みは少し楽になりました。でも、体を捻じった時の痛みは変わりません。」

変化があるのは明るい兆しです。

2回目の整体では、痛む側の骨盤のフチ(図のピンクのところ)のコリをしっかり落とすようにしました。腸骨のフチのコリ

この方、細身ですが、この部分のコリはとても固く、しっかりついています。

腰痛もちの方のほとんどがここが固いです。

そしてコリが分厚いです。

指先の感覚ですが、厚みが1センチくらいあるように感じる方もおられます。

ここを、薄皮をはぐようにちょっとずつ、ちょっとずつ緩めていくんですが、これが結構時間がかかります。

お客さんもちょっと痛いかも。

このお客さんも頑張って受けてくださいました。

終わってから確認。

痛みは和らいでいます。

これで、大まかなターゲットは定まったので次回以降さらに絞り込んで精度を上げたいと思います。

2回目で方向性が定まるとは上出来、上出来。

でも、身体は変わるので油断はできませんが。

骨盤の上が固い人は腰痛に注意

今回のように、骨盤の上のフチが固い人は腰痛に要注意です。

骨盤の上を軽く押すと内側に指が沈みますか? ガチガチですか? パンッとした感じで張っていますか?

ここは柔らかい方がいいですね。