昨日、たまたま妊婦さんが二人お見えになりました。

お一人は今月末が予定日の方。
もうお一人は7か月目に入ったところ。

臨月のお一人目は、腰や肩がかなり辛そうでした。
特にお尻のあたりが痛いようです。
妊婦さんでおしりや脚の後ろ側が辛くなられる方はけっこう多いです。
腰への負担から坐骨神経が緊張するためかもしれません。

まず仰向けで股関節から脚の緊張を取り、横向きになっていただきます。
背骨の周囲の緊張を取った後、腰、お尻を緩めていきます。
おしりは「柔らかい」というイメージですが、これがなかなか、悪い人はとても「固い」です。
骨盤の矯正ができれば状態はずいぶん変わるのですが、今回はそれはなし。
対症療法的ですが、ずいぶん楽になられたとこのことで、良かった、良かった。

あとは元気な赤ちゃんを産んだ後で、本格的な治療ですね。
出産後も子育てで、体には負担が増えますし。

少子化問題がよく取りざたされますが、こうして新しい命を育んでおられる方のお手伝いができるのは嬉しいことです。