1年半くらい整体の治療に通っておられる学生さんがおられます。
腸閉そくの症状ですが、物理的には閉塞しているところがない、病院でも今のところ明確な治療法がない病気だそうです。
そのため、昨年5月頃までは毎月1週間くらいはひどい腹痛やおう吐に見舞われ、入院を余儀なくされていました。

その方が、昨年5月にうちに来られるようになって、嬉しいことに症状は改善され、それ以降入院はなくなりました。
病気のために1年の休学もやむを得ず、同期性から遅れをとった焦燥感もおありだったと思いますが、治療を続けつつ、勉強に励まれました。
今でも、多少の波はあるようですが、大きく持ち崩すこともなく、がんばっておられます。

そして、今年の就活。
今日、来られたときに、内定が決まったことをお聞きしました。
就職事情が難しい昨今ですから、ここまでこぎつけるのにも辛抱が求められたと思いますが、病気を抱えながらよく頑張られたと思います。
今日は、前回予約しておられた日ではなかったのですが、急きょ来られるとの連絡が入り、悪くなったのかな?と心配していたのですが、朗報を知らせるのを兼ねて来て下さったのだと思います。
そして、辛い経験を乗り越えて将来の機会をとらえられたので、これまでの経験はきっと生かされていくだろうと私は確信しています。

こうした、お客さんの喜びを共有できるのは、ありがたいことです。