自律神経が乱れがちなこの時期は、朝の目覚めが悪くなりがちです。
スタートの気分が悪いと、一日中それを引きずってしますこともしばしばですね。
そこで、朝の気分を整え、一日の活動に向かって気持ちを引き締めるのに役立つアロマをご紹介します。

朝にローズマリー、レモン、グレープフルーツ

アロマディフューザーかアロマポット、なければお湯を入れたカップに、
ローズマリー、レモン、グレープフルーツをそれぞれ2~3滴落として拡散させます。
じきに漂ってくるすがすがしい香りを、深く吸い込んでください。
この時、脳に香りが作用していることを意識しながら嗅ぐとより効果的です。
実際、香りは脳に直接刺激を与えることができる手段の一つです。

ローズマリーは気力を高め、レモンには集中力を強める働きがあります。
また、グレープフルーツは、前向きに取り組む姿勢や気力を持たせてくれます。

体調も不安定になり、とかく気分もふさぎがちになりやすい時期ですが、朝のスタートを爽やかに切れたらいいですね。