むくみを解消するための方法をいくつかご紹介しますので参考になさってください

1.食習慣の改善
①塩分の摂りすぎに注意するー成人の1日当たりの目標塩分摂取量は、

男性:9g未満  女性:7.5g未満

です。減塩を心がけましょう。かまぼこなどの練り製品や漬物には塩分が多く含まれているので、知らないうちに塩分過剰になりがちです。

②カリウムを含む食品を摂るよう心がけるーカリウムには体内から塩分を排泄して体内の水分量を調整する利尿作用があります。

カリウムを多く含む食品には、アボガド、サツマイモ、ほうれん草、ブロッコリー、ひじき、納豆、春菊、サトイモなどのイモ類や野菜、バナナ、干し柿、栗、キウイフルーツなどの果物があります。
注意すべき点として、腎機能が低下していると、カリウムの排泄がうまくいかず、血中に蓄積し不整脈などを招きやすくなりますので、腎臓に疾患がある場合は医師の指導を受けてカリウム摂取をコントロールする必要があります。

 

2.長時間同じ姿勢をとることを避けるーこまめに体を動かすことにより、血液を押し上げる筋力が働き、ポンプの働きが良くなります。

3.運動をするー適度な運動は筋肉量を増やしますので、筋肉のポンプ作用を高めます。1日30分程度、ウォーキングするだけでも良い効果が見込めます。(効果的なウォーキング

4.足を高くして休息を取るー足を高くすることにより、たまった血液が心臓に戻りやすくすることができます。

5.脚や体を締めつけないーボディースーツやコルセットなどで体を締めつけると、血液の循環を妨げ、むくみの原因になります。

むくみに効果的といわれている弾性ストッキングはどう?

弾性ストッキングは、筋肉のポンプ作用を働かせ、静脈の拡張を防ぐ効果があります。しかし、むくんでからでは効果が半減してしまうので、朝から履くと効果があります。また、足首までのものは、帰って足先がむくみやすくなりますので、足先までを覆うストッキングを選ぶ方がよいでしょう。

 

むくみを解消して快適な毎日を送りましょう(むくみ参照)