ひざ痛防止、ダイエット、運動不足解消などに良いとされている、ウォーキングですが、効果的に歩かなければあまり意味がありません。

いくつかの注意点を記します。

1.あごを引きますが、うつむかず、数十メートル先の路面を見るような視線を保つ

2.背筋を伸ばしましょう。でも、お腹が出っ張って、威張っているお偉いさんのようにはならないで。

3.腕は、リラックスし、軽く肘を曲げましょう。足の動きに合わせて、前後に大きく振りましょう。

4.足を蹴り上げるとき、ひざの後ろ側を十分に伸ばすような意識を持ちましょう。

5.歩幅はできるだけ大きくとります。身長の1/2よりやや小さめを目安にします。

6.着地はかかとから。足の裏の小指側から親指側へと地面につけていき、つま先で勢いよく蹴り出しましょう。