こんにちは、Hiromiです。

効果を得るための精油の選び方として重要なのは、良質であることに加え、「構成成分の含有量」です。

例えば、ラベンダー
これにはいろいろな種類があることを以前ご紹介しました。

ラベンダー・アングスティフォリアに鎮静効果があり、不眠にいいというのはその含有成分によります。
ラベンダーの主要成分は、酢酸リナリル、リナロールなどですが、このうち鎮静効果をもたらすのは、主にエステル類の、酢酸リナリルです。
鎮静効果を得るには、酢酸リナリルを35パーセント以上含んだラベンダーでなくてはなりません。
しかし、市場に「ラベンダー」として出回っているオイルの多くは、酢酸リナリルがそこまで多く含まれていない、別の種類のものです。
それらを不眠対策に使用しても効果がないため、「アロマなんて一時の気休め」とマイナスイメージを持ってしまう人も少なくないのではないかと思います。

それで、きちんと構成成分が明記された精油で、必要な成分が含まれていること確認する必要があると思います。