こんにちは、ちからです。

突然ですが、自家菜園で冬瓜が獲れました。

冬瓜1冬瓜2直径約25センチ、高さ約25センチ、重さ6.5キログラムです。

冬瓜というと、楕円形のものをイメージしていましたが、これはなんだか違う形です。
調べてみると、冬瓜には「長冬瓜」と「丸冬瓜」とがあるようです。
どうやらこれは「丸冬瓜」みたいですね。

じつはこれ、私たちが植えたものではなく、いつの間にやら畑の中に自生し、自ら陣地を獲得していました。
徐々に存在感を増し、先日、2個収穫したものの一つがこれです。
何もしなくても、こんな果実ができるんですね。

改めて自然の力のすごさ、恵み深さに思いをはせました。

そして、この冬瓜、冬まで保存できるといことで「冬」瓜といわれるようになったとのことですが、味の旬は、今だそうです。

夏バテからの回復に良いといわれていますので、早速我が家でもスープにしていただきました。

とても一度に食べられないので、二回に分けて、最初はフィリピン食材店から入手した、シニガン・パウダーを使って、ちょっと酸味を利かせたスープ、二回目は普通の塩味のスープです。シニガンというのは、フィリピンのポピュラーな、スープで、酸味があり、暑くて食欲が出ないときでも食べやすいです。(わたしたちは)
どちらも、豚肉とよく合いました。美味しかったですよ。

この冬瓜の形、「丸」というよりも、少々角ばっていて、私は、「こなきじじい」の頭の形を連想してしまいました。

いずれにせよ、自然の恵みにありがとうです。