Hiromiです。アロマに関する情報は私が担当します。
宜しくお願いします。

今日は、効果を得るための精油の選び方についての1回目として、精油にはセラピーに適している良質のものとそうでないものとがあることを書いてみたいと思います。

メディカルアロマセラピーが一般的なフランスなどでは、精油も薬物同様の高い基準が適用されます。
一方日本では、精油は香料や雑貨に分類されているため、品質基準は高くありません。
メディカルアロマセラピーに使える良質な精油は、出回っている中の、10パーセントにも満たないといわれています。
その他の「アロマオイル」の多くが、石油製品に科学的に作られた香りが加えられているものです。
粗悪品を使用すると、化学物質や農薬を体内に取り込むことになり、それは、トラブルの原因となるだけでなく、たいへん怖いことですね。
安価な粗悪品は長い目で見るととても高い代償を伴うものなりかねません。

それで、アロマセラピーを安全に、そして効果的に行うためには、良質な精油を選ぶという意識が必要です。

当店では、良質の精油だけを用いて施術していますし、お求めいただくこともできます。