うちは、大家さんからお借りしている土地で自家菜園をしています。
始めてまだ2年目ですが、素人ながら大地の恵みのおかげで新鮮な野菜をいただいています。

今年挑戦したのが、このパブリカです。
黄色と、の2種類を植えたのですが、どちらもよく実をつけました。
これは、先日の大雨で木が倒れたので、色づきが途中でも収穫してきたものの一部です。

パブリカ「わりときれいな色だと思うのですが、いかがでしょうか?
味も大したものです。おいしいですよ。
パブリカは普通のピーマンよりも生育が遅いようです。
大きな実はわりと早く(8月初旬)には着けていましたが、そこからが我慢のしどころ。
色がなかなか変わりません。
でも2週間くらい経過を観察していたらだんだん色づき、サラダに彩りを添える美しい、黄色に。
世話で注意したのが、枝を支柱で補強してやることです。
実が大きく重い上に、枝が弱いというお話を先輩諸氏からうかがっていたので、大切に大切に、過保護に支柱やらひもで枝に負荷がかからないようにしました。

野菜作りは手間がいりますが、作業自体も心身にいいようですし、何しろ家計に助かります。

自然にありがとう!です。