昨日から夏の疲れのようなだるさと、四肢の重苦しさを抱えていますが、昨夜就寝する前に、妻のアロマセラピーの施術を受けました。

長時間は取れなかったので、両腕と肩のリンパドレナージュです。

使ったオイルは

キャリアオイルにココナッツオイル

エッセンシャルオイルはサイプレス です。

今朝起きた時は全身のだるさは残っていたのですが、上肢部(両腕)は昨日よりはるかに楽です。

鎖骨の下の凝りも軽減されているよう。

本調子になるまではもうしばらくかかると思いますが、数日以内にきっとバリバリ仕事ができるようになるでしょう。

アロマセラピーは、芳香の効果によるリラクゼーションのイメージが先行している感がありますが、妻が習得したものは「フランス式」のメディカルアロマです。

医療行為ではありませんが、高品質のエッセンシャルオイルを使い、筋肉や神経のトリートメントと、皮膚から浸透していくオイルの効果により、緊張を取ったり痛みを和らげたりする効果があります。加えて、芳香は脳に直接刺激を加えるので、全身のリラックスやバランスを整えるのにも効果的です。

私の整体が「力学的」なアプローチで全身の歪みを取っていくものだとすると、アロマセラピーはエッセンシャルオイルという、自然界の恵みの「化学的」なパワーを体内に作用させることで、バランスを取っていくもののように、勝手に理解しています。

それぞれに得意、不得意の分野があるので私たち夫婦もそれぞれに補完しながら、皆さんのお役にたてればと願っています。

そのためにも、早く私が回復しなければ。  頼みにしていますよ、専属セラピストさん!