遅ればせながら、昨日広島市で行われた、勉強会について簡単に報告します。

当店の整体は、「東洋整体蘇生術」というものです。

それがどのような整体術なのかは改めて整理してご説明します。

人の体は年々変化していますので、同じ症状でも原因が変わってきています。

それで私たち整体士は定期的に勉強会や研究会に参加して、その都度必要な技術を教わったり、自分ではできていると思っている技術を確認して、お客様の必要により的確にお応えできるよう、常に鍛錬を重ねています。

今回の勉強会では、腰痛の治療に欠かせない技術の確認でした。

ぎっくり腰やヘルニア予備軍の腰痛に大変効果的な施術を確認することができました。

それがどんなものか、ぜひ一度経験なさってください。

特にぎっくり腰のような急性の腰痛には効果的で、施術後は何事もなかったかのように歩けるようになるといった、奇跡のようなことは起こりませんが、確実に体が変化し、楽になっていくのを感じていただくことができると思います。

これからも毎週の勉強会や月に一回の研究会に参加して技術を磨き、知識を増し加えたいと思います。

加えて、こうした機会はより経験のある師範の先生にアドバイスをいただく貴重な機会でもあります。

私が師事している師範は緊急な時でも電話一本で相談することができる頼もしい方です。

経験を積んできたといっても、複雑な人間の体です。

正直言って、どのようにして差し上げれば早く楽になっていかれるか悩むこともありませんし、お客様に焦燥感があればなおのこと、心中は思い図られます。

そんな時、治療方法について即座に師範に相談できますので、お客様にも安心して施術をお受けいただけると思います。

こうした意味でも勉強会でコミュニケーションをとっておくことは大切だと感じています。

また、折に触れて報告いたします。